傳播預防護理你的微笑為我的使命!
聯繫我們 052-824-0120

步態, 肢體身體運動 (12)

骨盤を回しながら傾けて足を前に置く。 これが歩行の「一歩」になります。 歩くときの人間の動きは、股関節だけが動いているわけではないですよね。 足が上がり、骨盤が回り、傾きながら体を少し捻ることで足を出すため、足は真っすぐ動いているわけではなく、 実は外側(小指側)から足は置かれています。 決してつま先側(親指側)から置かれているわけではないということです。 踵の外側から着くが、踵には体重は乗っていない。 踵落としのようにドンッと体重を乗せることはせず、 踵はほんの少し触れる程度で置くだけにする。 そこから徐々に前へ体が動いていく間に 踵→小指→親指と重心が移動していきます。 足は平面で着いているように見えますが、実際は小指側を握っているため、足の裏のアーチを作李ながら歩くことが出来ています。 この動作・歩行の「一歩」がうまく出来るようになると、足首、膝、股関節に負荷がかからないような歩き方が出来るようになります! いつも何気なく歩いているだけの歩行。「一歩」を気にして歩いてみませんか? Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

骨盆肢體的運動 (11)

髖關節向外傾斜=膝蓋打開,膝蓋打開=腳倒在小指側,這是伸出腳時必須的動作。 如果骨盆、髖關節、膝蓋、腳踝和手指能夠協調運動,會發生什麼情況? "它看起來很漂亮","我可以走得很好","我可以走路,不受傷"。 然後,當增加體重時,膝蓋會伸展,因此腳從小指移動到地面,然後向拇指移動。 • 舉重時,小手指保持握持狀態。 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它可能與原始內容不同。

すべて表示

下肢身體運動 (10)

股関節は足の指を握ると開いていく。 股関節が開く動作を”外旋”といいます。 股関節を外旋させながら体重をかけていくが、同時に骨盤を前へ傾けながら体重をのせることで 股関節の吸収力が上手に使えるようになる。 骨盤を前に傾けて、体を前に倒すことで、次の動作に行こう出来る体を作っていく事ができます。 試しに股関節を開くだけで体を前に倒さないで立ち上がろうとしてみてください。 これは足の力が凄く強い人は無理やり立てますが、すごくしんどい立ち方ですよね。 なぜでしょうか? それは股関節の上に骨盤を乗せることが出来ない為です。 股関節の動きがきちんとできないと、歩く、立つ、座る、階段の上り下り、しゃがむ、走るなどなど日常生活動作全てに支障が出てきてしまいます。 股関節が開く、骨盤が前に倒れると同時に股関節に体重をかけていく。 戻すときには体を起こすと同時に体重を抜き、力を抜いていくことが重要です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

物理運動腿 (9) 小腿 (小腿) 的運動

膝や股関節は背中に力が入ると外側へ開きます。 では膝の下、ふくらはぎ(下腿)はどうなるでしょうか? 曲がる、伸びる、捻る、傾く、いろんな動きがありますが、どの方向にどうなるでしょう? どの動きをすることが一番身体が楽でしょう? 背中に力が入ったとき、膝が開いた時、足の指を握っているとき、ふくらはぎは中側へ捻れるように回ります。 なぜでしょうか? 膝の関節には内側と外側に1つずつ半月板というものがあります。 両方に力をかけて膝を伸ばそうとしてしまうと、うまく回転せず、膝を伸ばしにくくなってしまいます。 なので、実際は膝は内側の関節部分だけで回るようにできています。 上の骨(大腿骨)が外へ回った時、下の骨(下腿骨)は内側へ回るようになっているということです Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

站立腿身體運動 (8)

開いた膝が閉じながら中へと動いていくと、背中に力が入り、お尻が上がってきます。 更に膝を閉じようとすると体が立ち上がってくれます。 しかし、ここで大事なのが、「膝を閉じようと思わないこと」 膝の話をしているのに「膝を閉じない」とはどういうことなのか? 正確には膝は閉じられるのですが、あくまでも意識するのは「背中」であってほしいということです。 体の動きの歯車は、背中から出来ています。 背中の動きが骨盤に伝わり、骨盤から股関節、膝、足へと歯車が回っていきます。 膝が最初に動いて歯車が動くわけではないので、「背中」という歯車の最初を意識することがとても大事になります。 そして、膝を伸ばすときには、「背中の力を抜く」事が必要です。 地面を踏みしめるように膝を伸ばす、内ももに力を入れてももを締める必要はなく、背中の力を抜くと不思議なことに膝が伸びるように力が働きますよ。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

伸展下肢身體運動 (7)

當我伸展膝蓋時,我該怎麼辦? 每次你閉上膝蓋或伸展膝蓋時,你都會有意識地做嗎? 事實上,當我拉出背部的力量時,我的膝蓋伸長了,我的整個腳趾都到了地上。 相反,如果你伸展你的背部,把膝蓋拉近,或者當你打開膝蓋時放鬆你的背部,你的腳踝和膝蓋的肌肉和韌帶就會對所謂的軟組織造成壓力。 女人經常在膝蓋上伸展,同時合上膝蓋。 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它可能與原始內容不同。

すべて表示

身體運動腿 (6) 手指--如何擊倒腿

當你把腳放在地上時,握住你的腳趾,把體重從下擺接地,然後送到小指和腳趾,這很重要。 至於形狀,它是腳從小指側倒在拇指一側的形狀。 如果你只看你的腳,你會倒在一邊,但當你走路時,你的體重會從後面向前移動,所以你的身體會向前傾斜一點。 在步行以外的場景中也是如此。 簡單的動作,如膝蓋彎曲和伸展,站立和坐著,也發生體重移動。 體重移動的基礎是"從後面到前面,從外面到裡面"。 因此,當體重從小指反射到拇指時,身體向前移動。 你永遠不會把體重拋在腦後。 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它可能與原始內容不同。

すべて表示

如何保持身體運動腿 (5)

身體的穩定性取決於腳的握持是否像握手一樣發生。 腳的拱門是身體墊子上的第一個,所以可以毫不誇張地說,是否有這種腳的抓地力不會傷害身體,對於創造穩定感至關重要。 而且,與手一樣,重要的是不要從腳趾尖摺疊,而要從根部摺疊。 在這種情況下,從小手指握住三根手指,並投入一點力來握住它,這樣拇指就不會漂浮在上面。 我做的形狀,腳的鞋底是面向內部的形狀后,我抓住它。 請重複練習,抓住小指的根部! 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它可能與原始內容不同。

すべて表示

移動更多物理運動腿 (4)

當我伸展我的腿時,我拔掉背部的力量!! 通過以圓潤的方式放鬆身體,膝蓋會向內移動,整個腳趾會到達地面。 當你扭轉運動時、、、會發生「彎曲身體,膝蓋靠在裡面,然後打開膝蓋,把身體放回去」之類的事情。 試著把膝蓋放在裡面,把力量放在你的背上。 此外,嘗試抬起身體,同時打開膝蓋,並圓你的背部。 你覺得呢? 你的身體不是很不舒服嗎? "我什麼也沒做,但膝蓋疼","膝蓋和腳踝疼,很難痊癒","我的腳底疼,我走不動了"等等,如果你記得,請小心! 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它可能與原始內容不同。

すべて表示

關閉膝蓋下肢身體運動 (3)

當你從坐姿中站起來時,你的膝蓋會張開嗎??關閉?? 你從不站起來,張開膝蓋。 基本上,當你站起來時,你站起來,同時關閉你的膝蓋。 當你站起來時,重要的是放鬆你的力量! 用力關閉膝蓋會導致膝蓋疼痛。 膝蓋受傷,只是站起來,雖然什麼都不做。 試著練習。 你將能夠輕鬆站起來! 語言此頁面已自動翻譯。 請注意,它可能與原始內容不同。

すべて表示